トップページ >技術・ソリューション >基礎杭技術 >リーダ式ケーシング回転掘削工法~BG工法/低空仕様~

リーダ式ケーシング回転掘削工法~BG工法/低空仕様~

空頭制限下で地中の支障物撤去や杭打設をします


 BG掘削機は、ベースマシンに高トルク駆動のロータリードライブを装着し、ケリーバーを用いてオールケーシング削孔やノーケーシング削孔を行う、リーダー式掘削機です。 地盤やその他の条件に応じてツールス(掘削用アタッチメント)を変更する事で、粘性土や砂質土、砂磯や岩盤、鉄筋コンクリートや既存構造物等の地中支障物に適用可能で、支障物撤去・場所打杭・山留杭を1台で施工が可能です。 低空仕様は、桁下制限及び建物内等で空頭が制約される場所や、周囲の影響により機械高さが制約される場合に最適です。

BG20Low.jpg

BG20LowSpec.jpg

BG7-5Low.jpg

BG7-5LowSpec.jpg

ラインアップ

リーダ式ケーシング回転掘削工法~BG工法~

リーダ式ケーシング回転掘削工法~BG工法~

場所打杭、抑止杭、地中支障物撤去等様々な
工種を1台で施工できる工法です。

大口径岩盤削孔工法

大口径岩盤削孔工法

施工が困難な硬質岩盤、玉石層などでも確実に、経済的に施工することができます。

地すべり抑止杭工法

地すべり抑止杭工法

すべりの土塊を、基盤まで貫いた杭で止めることを目的としています。

この技術を見た方はこんな技術も見ています