トップページ >技術・ソリューション >地盤改良技術 >機械撹拌工法 >深層混合処理工法(DJM工法)

深層混合処理工法(DJM工法)

攪拌翼先端から軟弱地盤中に粉粒体の改良材を供給し、強制的に現位置土と攪拌混合することで、土と改良材を化学的に固化する軟弱地盤改良工事です。djm01_01.jpg

GIコラム工法 NETIS登録番号:QS-100022-VE

GIコラム工法 NETIS登録番号:QS-100022-VE

センターホール型オーガーヘッドの採用により小型化した施工機で、改良深度や改良径で大型並みの能力を有した工法です。

この技術を見た方はこんな技術も見ています