トップページ >技術・ソリューション >ボーリング応用技術 >ウォーターハンマー工法

ウォーターハンマー工法

ウォーター(Wassara ワッサラ)ハンマーは、従来のエアーハンマーが高圧空気(1.7MPa)に対して高圧水(15.0MPa)をその駆動源とするため、高い打撃効果に伴う高堀進率に加えその作動媒体が水であるため現場環境を損なわない特徴があります。

ウォーターハンマー工法

高耐力マイクロパイル工法

高耐力マイクロパイル工法

アンカー工法で用いられている技術を取り入れ、高強度鋼管と太径のねじ節異形棒鋼を組み合わせ、高耐力・高支持力の杭を形成する工法です。

ハイスペックマイクロパイル工法

ハイスペックマイクロパイル工法

構造物が近接するような狭隘地でも施工可能な、既設構造物の基礎を耐震補強から抗土圧構造物など幅広く適用できる小口径鋼管杭工法です。

STマイクロパイル工法

STマイクロパイル工法

小口径高張力鋼管と高圧噴射改良体との合成構造の鋼管杭工法です。

この技術を見た方はこんな技術も見ています