トンネル補助技術

日本基礎技術株式会社は、1990年代に長尺先受けアンブレラ工法「トレヴィチューブ工法」を導入しトンネル補助工法の分野に進出しました。その後、「ジャンボde注入工法」「BAF工法」を開発・導入し、運用実績を上げています。 今後も、削孔技術の高精度化などの開発・導入を積極的に進め、皆さまのニーズに応えていきたいと思います。

社会基盤整備・維持

パイプルーフ工法


自然環境を守り、工事施工には地質条件を選びません。

トンネルの補助工法の分類

パイプルーフ工法比較

打設鋼管に伴う沈下抑止工法

土被りの浅い地山へ鋼管打設する場合に、微妙な管理ができなくても、地表面へ影響を与えることなく鋼管を打設することのできる同時注入工法です。したがって、掘削による地山の緩みや地表面の沈下を抑止できるとともに、トンネル内部においても安全な作業を行うことができます。

地質と適用ビット

※玉石・軽石層及び崩積土においては、特殊拡孔ハンマービットの方がオーガビットよりも、適しています。

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.