地盤改良技術

近年都市部を中心として、大規模・大深度・軟弱部の開発・再開発が進む中、耐震性・液状化・近接構造物など条件の難しい工事が増えています。これらの難条件を克服し、構造物を構築するために、地盤改良工事の重要性は、ますます大きくなると我々は考えています。日本基礎技術株式会社は、在来工法の運用に加え、新工法の開発・導入を積極的に行い、さまざまな難条件を克服していきます。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策

二重管ストレーナ注入工法

数秒で固結する瞬結性グラウトを、二重管と特殊な先端装置を用いて注入し、地盤を確実に改良することができる工法です。潜水砂層や被圧水のある地盤、あるいは様々な土層を持つ複雑な互層地盤のあらゆる土質に対応します。

二重管と特殊な先端装置を用いて、同じ深度で瞬結性グラウトと浸透性グラウトを注入し、均質な地盤改良を行います。高い改良効果と、環境保全面での安全性を両立し、同時に簡便性と経済性をも追求した工法です。また最近では、瞬結性グラウトと浸透性グラウトを、切替え操作をすることなく連続的に行える二重管同時複合注入工法も開発され、当社でも積極的に取り組んでいます。

二重管ストレーナ注入工法

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.