岩盤グラウチング技術

地盤の性質や状況には、基礎地盤として利用するのに不都合な場合があります。それを所定の強度および止水性に改良するのが、ダムグラウチング工事をはじめとする地盤改良工事です。近年、ダム・地下備蓄等の地盤条件がますます厳しくなる中、岩盤グラウチング技術はその建設の成否を決定するとさえ言われています。日本基礎技術株式会社は、国内屈指の実績により、豊富な技術とノウハウを蓄積しております。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策

ロッドライナー工法(RL工法)

ロッドライナー工法(RL工法)は、グラウチングの合理化施工のために当社が開発した工法です。
これは注入孔のボーリングにワイヤーライン方式を取りいれ、グラウチングにホースパッカー方式を 採用した複合技術です。

使途

ダム等におけるボーリングおよびグラウチング

特徴

  • ワイヤーライン方式とホースパッカー方式の要素技術を有機的に組み合わせることで確実な施工ができると同時に、従来工法では頻繁に行っていたボーリングロッドの挿入/引抜き回数を格段に減らすことにも成功しました。
  • 作業員の高齢化と熟練者の維持という相対立する問題を、作業回数の削減と体力的負担の軽減により解決します。

特許

ホースパッカーをはじめとする優れたアイデアを持つロッドライナー工法は、その独自性とユニークさが評価され、特許を取得しています。

  • 特 許 : 第2790527号
  • 発明の名称 : 地盤改良工および地盤改良装置
  • 特 許 権 者: 日本基礎技術株式会社

主要実績

宇奈月ダム本体建設第6期工事の内カーテングラウチング工 北陸地方建設局
串木野地下石油備蓄基地建設工事の内グラウト工事 石油開発公団

主要実績

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.