トンネル補助技術

日本基礎技術株式会社は、1990年代に長尺先受けアンブレラ工法「トレヴィチューブ工法」を導入しトンネル補助工法の分野に進出しました。その後、「ジャンボde注入工法」「BAF工法」を開発・導入し、運用実績を上げています。 今後も、削孔技術の高精度化などの開発・導入を積極的に進め、皆さまのニーズに応えていきたいと思います。

社会基盤整備・維持

ジャンボde注入工法

トンネル堀削中の地盤改良工(二重管薬液注入工)を削岩機のツールスを取り替えるだけで容易に施工可能にした施工システム。二重管ロッドを使用しているため、2ショットでの注入が実現し、材料によるゲルタイムの調整及び当該地盤に適した材料選択が可能となり、あらゆる地盤に最適な効果を得る事ができます。

ジャンボde注入工法

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.