斜面安定技術

高強度鋼線ネットを地山補強材によって法面に固定することで強固な法面補強を実現した「クモの巣ネット工法」をはじめ、「グラウンドアンカーによる大きな抑止力導入のための各種受圧板やロックボルト」などの新工法の開発・導入を進めています。

防災技術社会基盤整備・維持
法面工の分類一覧表

リングネット工法

リングネット工法は、落石エネルギー吸収システムを採用した防護柵です。
大きな落石エネルギーに対応でき、事前環境と共生し、安全で、経済性に優れた斜面防災対策工です。

機能と特長

防護柵に衝突したエネルギーは、3段階のシステムで吸収されます。

第1段階
リングの弾・塑性変形による全方向吸収。
第2段階
ブレーキリングによる吸収。
第3段階
防護柵全体による吸収。
リングネットのエネルギー吸収
ブレーキングによるエネルギー吸収
リングネット設置側面図
リングネット設置正面図
落石防護工の比較(参考図)
落石実験
施工例

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.