斜面安定技術

高強度鋼線ネットを地山補強材によって法面に固定することで強固な法面補強を実現した「クモの巣ネット工法」をはじめ、「グラウンドアンカーによる大きな抑止力導入のための各種受圧板やロックボルト」などの新工法の開発・導入を進めています。

防災技術社会基盤整備・維持
法面工の分類一覧表

PUC受圧板

PUC受圧板工法は、コンクリートの受圧板とグラウンドアンカーを組み合せた斜面安定工法です。
ざぶとん裏込め工を併用して、地山の凹凸に受圧板を密着させ、安定化を図ります。

機能と特長

  • アンカー頭部が収まる位置にテーパーコーンを採用して、軽量化と安全性を実現。
    (タイプにより、0.1t~1.6t軽量化)
  • 新しく開発した裏込め方法(ざぶとん裏込工法)により、地山の凹凸に確実に密着。
  • アンカー工法は限定されず、現場状況により自由に選択。
  • 受圧板は、普通コンクリートと軽量コンクリートの2種類と、色はコンクリート色、グレー、グリーン及びブラウンを選択可能。
  • 高強度のプレストレストコンクリート向上製品で、引張応力度が生じないように設計され、ひび割れの発生がない優れた耐久性。
  • コンクリート2次製品のため、施工、管理が容易で確実かつ施工期間を短縮。

機能と特長

施工手順

施工手順

施工手順

施工例

施工例1
施工例
施工例3
施工例4

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.