自然復元技術

子供たちに美しい地球環境を引き継ぐ為に!
日本基礎技術株式会社は、自然復元技術、汚染対策技術の開発・導入・運用を進めてまいります。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策
法面工の分類一覧表

ウィングロック植生工法

ウィングロック植生工法とは

土木工事によって発生した切土法面は、吹付枠工や厚層基材吹付工が普及する以前は、モルタル・コンクリート吹付工が多く施工されてきました。最近では、それらが老朽化してきて修繕工事が行われるようになってきましたが、その取り壊し方法、取り壊し殻処分方法及び工期の長期化等の問題が発生しています。

また、以前から白いモルタル・コンクリート吹付面は周囲の景観と調和しないという景観上の問題も指摘されてきました。

こうした背景から、モルタル・コンクリート吹付面を緑化することを目的として開発されたのが超厚層基材吹付工「ウィングロック植生工法」です。

ウィングロック植生工法の施工手順は、まず、モルタル・コンクリート吹付面にφ40mmの穴を削岩機にて3~7ヶ/m2削孔し、羽根板付アンカー「ウィングアンカー」を千鳥状に1本/1~2m2打設します。そしてセメント、砂、緑化基盤材、肥料からなる基盤砂をウィングアンカーの羽根板上端部まで12cm吹付け、基盤砂上に金網を張り、その上に 植生基材を3~5cm吹付けて完成です。

機能と特長

  1. モルタル・コンクリートの取り壊しが不要のため建設副産物の発生を抑制でき、また、防護柵設置による交通規制も不要のため工期の短縮が図れます。
  2. モルタル・コンクリート吹付面を削孔するため、地山からの水分補給ができると共に地山への植物根系の侵入が促進され、植物生育や生育基盤の安定に優れています。
  3. 生育基盤の厚さは、基盤砂12cmと植生基材3~5cmの計15cm以上と厚く、植物の生育に優れています。
  4. 生育基盤が滑落する力に対しウィングアンカーにて力学的に抵抗するため、生育基盤が滑落することはありません。
  5. 豪雨には表層の植生基材が抵抗し、地山からの浸透水は基盤砂が速やかに排出するため、生育基盤は侵食を受けません。

施工標準断面図
施工標準断面図

ウィングアンカー規格寸法
ウィングアンカー規格寸法

施工例

岐阜県 施工前
岐阜県 施工前

岐阜県 施工後
岐阜県 施工後

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.