回転式破砕混合工法 NETIS:KT-090048-V

建設発生土リサイクル技術(有効利用)

技術概要

「回転式破砕混合工法」とは、円筒内で高速回転する複数本のフレキシブルなチェーンの打撃力で、 2種類ないしは3種類の建設発生土の破砕・細粒化(解砕)をすると共に、均一に分散させることによって、破砕と混合とを同時に行うことを可能とした工法です。

特徴1:破砕(解砕)と混合が同時

破砕(解砕)と混合を同時に行うことが可能な為、幅広い地盤材料が対応可能。

特徴2:高い混合効率

粘土塊なら解砕して解きほぐして、軟岩は破砕して混合するので、均質な混合が可能

従来の混合工法 の場合 (スタビライザー)

回転式破砕混合工法 の場合

特徴3:粒度調整が可能(軟岩)

インパクトチェーンの回転数を変化させる事で、粒度調整が可能

特徴4:ゴミ・草根などの分別可能

プラントシステムに振動フルイ+風力選別機を併設することでゴミ・草根分別除去が可能

プラント仕様:2材1添加+振動フルイ+風力選別機


回転式破砕混合工法 プレゼンテーションMOVIE

Loading the player...

建設発生土の有効利用 粘性土の有効活用 航空映像

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.