地盤改良技術

近年都市部を中心として、大規模・大深度・軟弱部の開発・再開発が進む中、耐震性・液状化・近接構造物など条件の難しい工事が増えています。これらの難条件を克服し、構造物を構築するために、地盤改良工事の重要性は、ますます大きくなると我々は考えています。日本基礎技術株式会社は、在来工法の運用に加え、新工法の開発・導入を積極的に行い、さまざまな難条件を克服していきます。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策

高圧噴射撹拌工法

多重管ロッドの先端から、超高圧で硬化材と圧縮空気を同時に回転、噴射して地盤中に円柱状固結体を造成する方法と、超高圧水と圧縮空気の回転噴射によって切削した空洞に硬化材溶液を充煩して造成する方法があります。いずれも比較的小規模の機械で、しかも無振動・無騒音で直径1,300~3,000mm程度の円柱状固結体を造成できます。

高圧噴射撹拌工法 高圧噴射撹拌工法

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.