地盤改良技術

近年都市部を中心として、大規模・大深度・軟弱部の開発・再開発が進む中、耐震性・液状化・近接構造物など条件の難しい工事が増えています。これらの難条件を克服し、構造物を構築するために、地盤改良工事の重要性は、ますます大きくなると我々は考えています。日本基礎技術株式会社は、在来工法の運用に加え、新工法の開発・導入を積極的に行い、さまざまな難条件を克服していきます。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策

深層混合処理工法(CDM工法)

セメント系深層混合処理工法(Cement Deep Mixing)

CDM工法はセメント系のスラリーと軟弱地盤と混合処理機を用いて攪拌混合し、現位置で所定の強度に固化する工法です。固化のしくみは、2種類の反応からなっており、まずセメントと水の水和反応によって針状結晶のエトリンガイドが生成され、次に材令が進むにつれて水和生成物が粘土鉱物とポゾラン反応を起し、板状結晶が多く認められるようになります。

CDM工法

CDM工法施工機械の組合せ

改良径 区分 10m未満 20m未満 30m未満 40m未満 45m未満
φ1000mm×2軸 深層混合処理機 45kw×2軸 50~60kw×2軸 75~90kw×2軸 90kw×2軸 90kw×2軸
リーダ長 20m リーダ長 30m リーダ長 40m リーダ長 50m リーダ長 55m
25~27t吊り 35~37t吊り 50~55t吊り 50~55t吊り 特殊クローラ型
発動発電機 300kVA 300kVA 600kVA 600kVA 600kVA
125KVA 125KVA 150KVA 150KVA 150KVA
セメントスラリープラント 10m3/h 20m3/h 20m3/h 20m3/h 20m3/h
バックホウ 0.6m3 0.6m3 0.6m3 0.6m3 0.6m3

CDM工法施工機械の組合せ

改良径 区分 10m未満 20m未満 30m未満 40m未満
φ1200mm×2軸 深層混合処理機 75~90kw×2軸 90kw×2軸 90~110kw×2軸 90~110kw×2軸
リーダ長 20m リーダ長 30m リーダ長 40m リーダ長 40m
37~40t吊り 50~55t吊り 60~65t吊り 特殊クローラ型
発動発電機 450kVA 600kVA 600kVA 600kVA
200KVA 200KVA 200KVA 200KVA
セメントスラリープラント 40m3/h 40m3/h 40m3/h 40m3/h
バックホウ 0.6m3 0.6m3 0.6m3 0.6m3

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.