岩盤グラウチング技術

地盤の性質や状況には、基礎地盤として利用するのに不都合な場合があります。それを所定の強度および止水性に改良するのが、ダムグラウチング工事をはじめとする地盤改良工事です。近年、ダム・地下備蓄等の地盤条件がますます厳しくなる中、岩盤グラウチング技術はその建設の成否を決定するとさえ言われています。日本基礎技術株式会社は、国内屈指の実績により、豊富な技術とノウハウを蓄積しております。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策

連続配合切替工法 NETIS登録番号:KK-050110-A

セメントミルク濃度調整機能で原液ミルク(1:0.75)を注入しながら連続的に希釈することで、地盤透水性に応じた配合ミルクを無段階で混練・注入する工法です。一般注入工法に対して、セメントミルク濃度調整機能により、各注入孔の注入状況に応じてきめ細かな注入が可能になり、注入時間の短縮や注入セメント量の増大が期待できます。また、セメントミルク循環再配合機能により、セメントミルクの有効活用が図れ、廃棄ミルクの抑制が期待できます。

逐次混合注入システム

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.