岩盤グラウチング技術

地盤の性質や状況には、基礎地盤として利用するのに不都合な場合があります。それを所定の強度および止水性に改良するのが、ダムグラウチング工事をはじめとする地盤改良工事です。近年、ダム・地下備蓄等の地盤条件がますます厳しくなる中、岩盤グラウチング技術はその建設の成否を決定するとさえ言われています。日本基礎技術株式会社は、国内屈指の実績により、豊富な技術とノウハウを蓄積しております。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策

動的グラウチング工法

動的グラウチング工法は、注入圧力を5~30Hz程度で規則的に脈動させることにより、グラウトの見かけ粘度を低減し目詰まりを抑制して、グラウトの流動性・浸透性を向上させる工法です。本工法の有効性は、人工亀裂を用いた室内注入試験及び原位置注入試験で確認しています。

動的グラウチング工法により、グラウトの流動性・浸透性が改善され、
(1)注入範囲の拡大
(2)改良効果の向上
(3)施工効率の向上(注入時間の短縮)
などが期待できます。

また、動的グラウチングシステムは、従来の注入システムとグラウトパルサー(脈動圧発生装置)を組合せたものであり、グラウトの施工管理は従来の注入工法と同等です。グラウトパルサーは注入孔近傍に設置して、所定の振幅と振動数を持つ脈動を発生させることができる装置であり、小型計量(0.5m×0.7m×0.8m、200kg)であるためダムの監査廊等の狭隘な場所でも施工可能です。

動的グラウチング工法

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.