アンカー技術

代表的なもので、 VSL永久アンカー工法、 VSL-J1永久アンカー工法、 NMグラウンドアンカー工法、 EHD永久アンカー工法、 KTB永久アンカー工法、 SEEE永久グラウンドアンカー工法、 スーパーフロテックアンカー工法、 SSL永久アンカー工法、 SHS永久アンカー工法、 SuperMCアンカー工法、 ハイパックアンカー工法、 アラミドFRPグラウンドアンカー工法、 EGSアンカー工法、 OPCアンカー、 OPSアンカー、 PDGアンカー、 D&Sアンカー工法、 IH除去式アンカー、BBアンカーなどがあります。

防災技術社会基盤整備・維持

高被圧水下アンカー工法

高水圧対応型グラウンドアンカー工法は、出水量調整が可能な止水ボックスの採用、ケーシングパッカー(マウスパッカー)の開発、逆流防止機能付きビットの発達等により、高水圧下でのアンカーの施工が可能となりました。これに伴い、高水圧下における山留めアンカーにおいても、背面地盤を緩めることなく要求された耐力が確保できるようになりました。また、浮力対策用としては、構造的に地下躯体への埋め込み型となるため地下スペースをほぼ現状のまま確保でき、さらに他の対策に比較して将来的なメンテナンスが殆ど必要とされない工法です。

高被圧水下アンカー工法 高被圧水下アンカー工法

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.